So-net無料ブログ作成

暗黒の二年間 51 [音楽]

「そうそう、原画だったな」そう言って蓮池さんは奥の部屋から、梱包されたダンボールを持ってきた。



「原画展をやったから、こんな状態でな」
ようやく梱包を解いて出してくれた原画はきちんと額装されたものだった。夏の小川であそぶ子供たちが超細密なタッチで描かれていた。魚とりをテーマにした絵本の中の一ページだ。
「すごい、これを描いている道具は?」
「これさ」そう言う蓮池さんの手には一本の極細面相筆があった。
「ゼロ号ですか?」
「輪郭はほとんどこれだね、その他も全部面相さ」
「絵具は?」
「俺は透明水彩だけだ」

何というシンプルな画法だろうか。タツオ君のようにあれもこれもと試みる人もいれば、素朴な画法にとどまり、いつまでも保ち続けている作家もいる。この蓮池月夫という作家は、タツオ君が子供だったころから常に変わらぬ技法を貫いてきたのだった。自分とはまったく別の在り方をする存在を改めて確認することで、タツオ君も自分の位置づけを再確認したようだった。

その日、蓮池さんはタツオ君もよく知っている著名な絵本作家や漫画家などの、知られざる話を沢山教えてくれた。蓮池さんもタツオ君が出版美術についての詳しい知識を持っていることを喜んでくれたようだ。話ははずみ、帰る頃にはすっかり暗くなっていた。


nice!(17)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

nice! 17

コメント 5

yu-papa

ご訪問くださり有り難うございます^^
by yu-papa (2011-10-01 17:35) 

yu-papa

いつもご訪問くださり有り難うございます^^
by yu-papa (2011-10-01 18:40) 

peach

★yu-papaさん、こちらこそいつもありがとうございます。
by peach (2011-10-02 04:43) 

DEBDYLAN

寝る間際にお邪魔したらこの曲♪
サイコーです^^。

by DEBDYLAN (2011-10-03 01:02) 

peach

★DEBDYLANさん、ありがとうございます。
ゆったりしたいい曲ですよね。
この曲の入った「クロージング・タイム」には
思い出がいっぱいあります…。
by peach (2011-10-04 02:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。