So-net無料ブログ作成
検索選択

暗黒の二年間 62 [音楽]

行きの宇宙船の中では、何もすることがなかった代わりに、タツオ君はロザリオに様々な質問をした。ロザリオはそれに常に簡潔に答えた。しかしその質問すら尽きるころになると、タツオ君は宇宙船の外側の星空だけの世界を見つめていたが、それはとりもなおさず自己の内面を見つめる行為だった。このまま僕が救出されれば、今度こそ自身の肉体を明け渡し、通常の意味で言う人生は終わるのだ。しかし非力な自己にしがみついて何になろう?地球が末期的な状態に突進していることは分かっていた。


Billy Joel - Honesty 投稿者 INDIEN94

「ロザリオ、ひとつ聞きたいんだが…」
「いいとも。何だろう?」
「彼ら、彼らと言えば君なら分かるだろうか?地球上に現れた彼らのことなんだけど、彼らはそもそも生粋の地球人だったのだろうか?」
「ああ、そこに考え至ったね…。それはね、ほとんど出生はそうだが後から、青年期や人生の中盤などから、次元の異なる生命が入り込んでいる。もとから受け入れる素地が整っていたことは確かだがね」
「彼らはみな歴史に刻まれた人物なのだろうか?」
「とんでもない。全く誰にも知られずに生きることで、あるいは死ぬこと自体によって、その役目を果たした者たちもいるのだ…。そこに彼らの選択はないに等しい。すべて明け渡してしまったのだからね」
「明け渡した後は、生きるも死ぬもお任せってことか…」
「その通り。タツオ君、君は自身の特徴を知っているか?」
「特徴?どんなんだろうな、ある程度は知っていると思うが…」
ロザリオはほんの少しだけ微笑んだ。そして続けた。
「君は何か欲しいものがあるかい?」
「ああ…、それが…どうしてなんだろう?何も欲しいとは思わないんだ」
「以前は欲しいものがあっただろうか?」
「ずいぶんと小さい時分は、おそらく…おもちゃとか…。しかし思春期を過ぎたころからかなあ、何も欲しくなくなってしまったような気がする。親父が死に際に言ったんだよ、『お前はどういうわけか、何も欲しがらなかった』って」
「お父上はきっと、君に何かをねだってほしかったのだろうね…。君をモニターすると、本能的な欲求以上の二次的な欲望は、厳密に言うとほとんどなかったのだよ。お父上は
幼少のころからの君の特異性に気付いていたんだ。そして自分が息子にしてあげられることは何もないのではないか、と思うことが辛かったようだね」
「お袋は?お袋はなぜああまでヒステリックに僕に当たったのだろう?」
「それはほぼ、同じ理由からと言える。欲望がないことは、肉体的生存への意志に乏しいことが指摘できる。お母上はそれを母性本能的に直観なさっていたのだ。君の方がお母上よりも早く死んでしまうのではないかと…。それがお母上の気性を狂わせていたとも言えよう」
タツオ君は驚いたように顔をあげた。
「ああ、そう言えば、そう言っていたことがある、『お前は大人になる前に死んでしまうような気がしてならなかった』って。やっぱり亡くなる少し前だったかなあ?」
ロザリオは頷いた。
「そして実際に君は、子供のころから世をはかなんで生きてきた…」
「やはり僕ほど親不孝な子供はいないな…」
タツオ君はそう言ってまた窓外の星空に目をそらした。
「タツオ君…、しかし僕らにとってはそれが一番ほしい素質だったんだよ…。君にはもともと、ウォークインの妨げになる要素がない。そしてそれはそのまま君の感覚を鋭くし、君のコンタクティーとしての才能となっていたんだね…。だからこそ今闇の底にいる我々の友人は、君を発見したんだと思う」
「そうだね…」
「タツオ君…忘れないでほしい、全ての生命はその根幹において一つであることを…」

タツオ君の中で、自分の命と宇宙全体の生命とが、まるでひとつの身体の中を駆け巡る血液のように循環しているヴィジョンが映し出されていた。地球時間でもう一晩眠るころには木星に到着するだろう。タツオ君はゆっくりと、瞑想の中に入ってゆくように目を閉じた。ロザリオは僕でさえ分からないほどの深淵を見つめて、目を見開いたまま、ぬけがらのように静止していた。


nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 16

コメント 4

haku

難しい命題ですねぇ...
物欲と生命保存の欲望って、根底は一緒のような気がするんですが、
タツオ君という生命体の存在意義というのは、
別の何かがあるんでしょうね...
なんて、勝手な想像を原作者の前で妄想してしまいました ^^;
by haku (2011-11-29 23:25) 

peach

★hakuさん、ありがとうございます。
ハハハ、これは実際根底はそうでしょうね。飯食って眠るところがあればとりあえず生きられますが、そういう基本的欲求が強烈にあるにもかかわらず、多種多様な物欲に発展するか、しないかの違いは、端的にいえば焦点が自身の外側に絞られているか、内側に絞られているかという違いと考えていただけると良いかもしれません。物欲にならない欲求が全て内側に向かう時、おそらく人は自分を破壊するか、すんでのところで何かを見出すかのどちらかなのでしょう。すごくいいコメントでした。僕も自分の考え方を整理できました!
by peach (2011-11-30 00:29) 

カリメロ

>青年期や人生の中盤などから、次元の異なる生命が入り込んでいる・・・
今、まさに感じています。
その自分について行けず、悩み苦しんでいる時期なのかな・・・
Billy Joel の Honesty がピッタリです。

by カリメロ (2011-11-30 18:17) 

peach

★カリメロさん、ありがとうございます。
カリメロさんは人の気持ちがよく分かる方なだけに、いろいろお辛いことが多いようですね…。夢は常に新しい夢にとって代わられるものだと、ヘルマン・ヘッセが小説『デミアン』の中で書いています。古い夢に希望を見出せなくなったら、軌道修正も必要なのだと思います。おそらくそこに葛藤はあるのでしょうけれど。いずれにせよ、慎重さと勇気とともに歩まれることをお祈りしています。
by peach (2011-12-01 03:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。