So-net無料ブログ作成

暗黒の二年間 66 [音楽]

「さあ、本題から逸れてしまったじゃないか。話を戻すとね、これにより君の体内に入った私が私たちの友人を見つけ次第、私はまた猫の身体に戻る。それには数日ないし数週間を要するだろう。その後も君にはそのままの仮死状態でいてもらって、こんどは希薄になっているピーチの本体を再生する。それには…」



ロザリオがそう言いながらモニターの隅に手を触れると、別の映像が映し出された。
「それにはこの機械の中で培養液に漬けるのだな。私と宇宙船が行うので君が関知することではないが」
「機械?これ生きものじゃないか?何かの繭と言うか…」
「そのように見えるけれども、人工物なんだ。簡単に言ってこの身体を作る技術があれば作れるんだ」
そう言ってロザリオは自らを指差した。
「広義には君の身体も機械ということだよね」
「その通り。それで、彼の再生が終わった段階で、眠っている君の肉体に入ってもらい、ひと月余り。君は彼が扉を開けて入って来るのを見るだろう。再開を祝ってくれ」
「それで?」
「それで君は彼がこの次元に目覚めてゆくのを見るだろう。同時に君も彼の意識を通じて世界がまた見え始める。完全にシンクロするんだ」
「つまり、つぎに目覚めるときには別人になっているということだな」
「そう思うだろうが、おそらく実際にはそんな感じはしないと思う。完全にシンクロするということは、まるで自分が現実を生きているように感じる筈なんだ」
「いまとそう変わりはないと?」
「そうだね。それは自分で実際に確かめてみるしかないね。さあ、お茶でも飲んでゆっくり休憩しよう」

タツオ君とロザリオは母艦が用意してくれたもてなしを受け、くつろいだようだった。宇宙空間では時間の感覚は地球のそれとは違っていて、昼夜がない分、出来事の記憶によってそれを確かめるしかなかった。タツオ君はまるで時間が消えたのではないかという錯覚にとらわれた。

nice!(16)  コメント(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。