So-net無料ブログ作成
検索選択

開拓期の思い出 [絵画作品紹介]

春だというのに山里は冷気につつまれていた。宇宙科学研究所(タツオ君のアトリエ)のつぎに僕がこの家で好きな場所はキッチンだが、椅子にうずくまってうつらうつらしていると、手足の先が冷たくなってきて、ずっと窓が開いていたことに気がついた。

021.JPG
▲太陽人9-0-10-10

眠りが始まるときは、肉体の機能の一部が静止して、遠い過去や未来がはるかに見通せるものだ。
ぼくがはじめて地球と関わった、およそ一万年以上前のプロジェクトを思い出す…。

今は南米と呼ばれるその地では、僕たちエイリアン主導の文明が創られていた。その時はまだ、地球で僕たちが暮らすために混沌とした努力を続けていた本当の開拓期で、地球人と直に交流していた。いや、むしろ僕たちが地球人に崇められていたというべきか…。野蛮ではあったが、今よりもなお純粋だった彼らは、未知のエネルギーを自在にあやつり、天空を飛行する僕たちを見て、神だと慕った。僕たちも喜んで技術やひらめきを与え、現代では到底不可能とされることがらを可能にする、桁違いの科学を披露した。これらはやがて、幼児のような地球人たちすら利用するところのものとなっていったが、結局ひとつの試みにすぎず、僕らは一旦地球を去った。そして自然のなりゆきとして、この文明は消滅した。今でもマヤ、インカなどの文明として知られる情報の中に、その名残があるが、本質にはかすってもいない。僕らの残した痕跡の大部分はさらに遠い、旧石器時代の遺物として、地下深く眠っている。僕らは地球人たちとともに地下をも開発した最初のグループだった。現代の文明はそのあと、数千年の年月を経て、地球人主導で地上に築かれた、全く別の文明である…


シンクをガチャガチャ鳴らしながら、マコさんが洗い物をはじめた。ちいさなサトくんはこたつで眠ってしまった。今日も、夜がこの山里を覆い尽くす時間となったのだ。タツオくんは研究所から出てこない。いつ終わるのか疑わしいほど、橋の再建設工事はまだ続いていて、今夜も黄色い光がクルクルと回転しながら川べりを照らしていた。


人気ブログランキングへ


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

よみがえる魂 [音楽]

沈黙が支配する宵闇の中で、夜間飛行の旅客機の音だけが、北風の轟音のように聞こえた。
宇宙科学研究所の窓から外を見ると、タツオ君がひとり、煙草をふかしながら空を見上げていた。赤や黄色のライトを点滅させながら、東の空へと飛び去ってゆく旅客機を、なんとなく眺めているのだった。タツオ君はよく夜空を見上げている。僕がやってくる前もそうだったように、今も。

今月になって、地球に来る宇宙船の中での心境を綴ったが、本当に、肉体をもつことの切なさは、地球のような星に固有のものだ。タツオ君のおばあさんのように長生きの人もいれば、短い命しか生きられない人もいる。往々にして、短命の人が、地球人離れした仕事をすることがあるのもまた、この星に独特な現象だ。彼らはなぜ逝ってしまうのだろうか。僕の故郷のかけがえのない友人、ロザリオが昔深く関わった、イエス=キリストという人がいたが、彼もまた短命であった。地球全土に影響を与えた、偉大な魂だった。

現在でも彼のような人間は、さまざまな場所でその命の火を燃やし続けている。だが、それが偉大なる魂であることに気づいている人は少ない。アーティストの中にも、短い一生のうちに凝縮してエネルギーをスパークさせた人たちは沢山いた。現代人は彼らを通じて何を思い、どう自己を変容させてゆくのだろうか。



こういったピュアーで偉大な魂を、何度でも人々の心の中に蘇らせるのは、僕の与えられた地球での任務だ。彼らが今も、あなたがたひとりひとりに手を差し伸べているのが見えるだろうか?彼らは死んではいない。魂はものの例えではなく、事実不滅だ。あなたがたが思えば彼らはもうそこにいて、触れ合うことさえできるのだ。

そう、目を閉じて…

人気ブログランキングへ



nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

彼岸のドライブ [絵画作品紹介]

日本には彼岸といって、春と秋に一回ずつ、亡くなった人間の霊を供養する習慣がある。僕はタツオ君とサキちゃん、サトくんといっしょに、タツオ君の親戚の家々の仏たちの供養に同行した。春の温暖な大気の中で、車の窓は開け放たれ、激しく吹き込む風にひげを震わせながらドライブするのは、気分が良かった。林道を走り、ひっそりとした沼のほとりを抜け、強いピンクが印象的な桃の花が数十本も咲き乱れる民家を眺めたりした。やがてあたりが平坦にひらけてくると、そこは田んぼが広く連なっている土地だった。まばらに建つ民家のうちの一軒がタツオ君の母方のお婆さんの家で、僕らの到着を小柄で気のよさそうなおじさんおばさんが迎えてくれた。

042.JPG
▲無題

百歳ちかいお婆さんは、もうほとんど寝たきりで姿を現さなかったが、この家には、どことなく長寿を育むようなのんびりとしたオーラがあった。おじさんという人は大の猫好きで、しかも老齢の猫を飼い、僕のこともしきりにかまってきた。僕のことを猫だと思って接してくる人に対してはリアクションに困ってしまう。ニャアとでも言えばよいのだろうか。そして本物の猫はといえば、素知らぬふりをしながら、ちら、ちらとこちらを窺っていた。どうも僕が猫ではないことには気づいているようだった。サトくんはどういうわけか、猫を怖がって逃げ回っていた。

「どうしてピーチは怖くなくて、うちの猫が怖いんだ?」
とおじさんがからかった。
「だってピーチは宇宙人なの!」
サトくんが涙声で言い返した。
「宇宙から来た猫なのかあ」
と言ってみんな笑った。
「言っとくけどピーチ本当に宇宙人だよ。」
とサキちゃんが小声で言ったので、少しドキリとしたが、それきり話題は猫から先日のTV番組の話へと移っていった。
そんなものだ。

その日はドライブしながら、色々な人に会ったのだが、みな優しい、善良な地球人ばかりだった。そして、タツオ君の性格にみられるある種の純粋さは、ある程度遺伝だということもわかったし、地球人の何たるかを、多く学べたような気がする。彼らに出会って、地球の未来は明るいと、また言えるような気がした。

人気ブログランキングへ


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

地球は僕の第二のふるさと [絵画作品紹介]

よく晴れた昼間が去り、夜が来た。太陽の暖かさがこんな時間まで残っているのは、まさに春がやってきたからだ。風はおだやかに僕らを包む。もう電車も走らない、時の沈黙の中に、この山里はあって、自身眠っているかのように、ゆっくりと呼吸している。そして目を閉じれば、虹色に光り輝く世界が、僕と故郷の絆を再確認させる。
地球にきてもう、まる5年が過ぎ去ろうとしている。肉体的には孤独であり、職務に尽しきった5年間であった。地球のだれもが、まるで自分の子供のように愛おしく思える。地球は僕の第二のふるさとだ。

008.JPG
▲無題

タツオ君はマーカバを乗りこなし、好きなスピードでさまざまなところへ行っている。タツオ君自身どこへ行ってきたのかわからないという場合もあるが、どこへ行っても、新しい発見があるようで、情報とひらめきを得て、充実した毎日を送っているようだ。先日、アルシオネまでいったようだが、タツオ君は「青い太陽のすぐそばまで行った」と言っている。星々の間を、超高速で突き抜けながら、巨大な天体までゆくというのは、実に荘厳な体験だ。今は情報を再び表現に変えようとがんばっている。新しい作品に試行錯誤して取り組んでいる。もうすぐ本当に新しいなにかが、生まれ出るかもしれない。

人気ブログランキングへ
タグ:絵画
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

黒い天使 [詩]

少し動くと暑いくらい、よい天気となった。

タツオ君たちはお彼岸で、お墓に備える花や、来た人にお返しする品物やお菓子などを買って、暗くなってから戻ってきた。タツオ君には両親がいない。早くに二人とも病気で亡くしてしまったのだ。だからこういった行事はみなタツオ君が中心になって準備する。マコさんもタツオ君の苦労をよくわかっていて、いろいろ気を配っている。

今日はタツオ君の面白い詩があったので紹介しておこう。今日みたいなよい天気には、みなよい気分になるものだが、彼は曇り空に現れる天使に会って、うれしかった日のことを書いている。


黒い天使

私と子供たちと、そして車いすに座った老婆が
庭で天使が来るのを待っていた
肌寒く
空は灰色に濁っている

しかしそんな日でも
何かありがたい日だった
曇った世界が
やさしく私たちをつつんでいた

いよいよ天使があらわれる
と老婆があんぐりを口をあけて空を見上げた

暗い世界の中では
曇り空でさえ目を細めるほどまぶしい

するとたしかに天使が舞っていた
肉の眼には見えないが
私たちのだれもが
天使を見た

ほんの束の間の出来事

そして黒い羽根が一枚
空からふわり
ふわりと舞いながら落ちてきた

私は羽根を拾い上げ
みんなと顔をみあわせた

「だれか、黒い天使の顔をみたかい?」

そんな幸せな曇り空の日だった



黒い天使というのは、一般的ではないが、実際にいる。白だから善で、黒だから悪だとかいうことはまったくない。単に天使と言って白い服を来て、白い羽を生やした人をイメージする地球的習慣があるだけだ。天使は自由に姿を変えることができる。人間がさまざまな服を着るのと同じように、天使も好きな服を着るだけだ。タツオ君は黒の良さをよく知っているので、黒い天使がやってきたのだと思う。

人気ブログランキングへ








タグ:
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地球人と肉体 [音楽]

長く冷たい冬が去り、穏やかに春がやってきた。タツオ君たちの服装も、明るい色彩で軽快なものに変わった。特に子供たちは上着など着ないで、元気に庭で走り回っている。僕のネコの体ではまだ肌寒い気もするが…。



タツオ君たちがスーパーマーケットで買ってくる品物を見ていると、なんだかいつも同じようなものばかりだ。しかし、マコさんはそれらを使っていろいろな料理を作ってしまう。僕はそれを見ていつも感心している。地球の食べ物は種類が豊富で、一見豊かなようだが、大別すれば動物と植物の2種類だ。僕たちは動物を食することはないが、植物は食べる。いわゆる野菜だが、肉を食べない分、野菜のほかに果物やナッツ類を約半分は食べている。それも大量には食べない。ナッツ類は栄養価も高いうえ、肉体を高い波動に保つ役割を果たす。僕らの星ではだれでもそのことを知っている。地球の人間でもそれを知って、木の実だけで生活して高い悟りを得た聖者たちもいる。地球人はいつでも、ベジタリアンに変容してゆくことは可能だが、習慣からそれをしようとしない。または環境がそれを許さないのだが、そもそも野獣のように他の肉を食することが愛ある行為だろうか。肉を毎日食べていると、もうそれなしではいられなくなる。肉食動物を見てほしい。あの獰猛さは何に起因しているのかということを…。彼らは直接生きた仲間の体に生でかぶりつくが、人間はそれをさばいて、パックしたものを売り買いし、料理して食べているという違いだけだ。また、もっと進化した肉体を持つ存在になると何も食べない、というか、正確には光を食べている。あなた方は気づいていないかもしれないが、実はすべてのエネルギーは光なのだ。したがって、光を取り入れて利用することを学べば、食べ物は本当にわずかで済むのだ。だから僕らの星では食べるということは生活のごくわずかの部分しか占めていない。

食べることから離れると、本当にいろいろな低次元の欲望から解放され、物事をクリアーな目で見つめることができるようになる。すると見ること自体が新鮮で、創造的な行為になるので、生きていることに意義が生まれる。大半の地球人の楽しみといえば、食べることと、寝ること、性にまつわること以外にはないといって過言ではない。これらは肉体依存から生ずる。肉体が何よりも重要なので、そうなってしまう。そしてそれらの楽しみ以外の時間は苦痛をともなう束縛の時間だ。どうか一日のすべての時間を、意義あるものにしてもらいたいものだ。食べる楽しみを除いてしまったら何がのこるの?という人も大勢いるだろう。しかしその食べる、から脱却してみないと、それ以外の桁外れの歓びを実感することはできないのだ。

過去から発想するくせをやめない限り、新しい世界は開けない。あなた方は本当に過去を捨てねばならない。そこにはじめて、全く異なる世界があるのだ。

人気ブログランキングへ

タグ:ニコ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

幸せとは? [絵画作品紹介]

宇宙科学研究所のそばに立っている一本杉の横に、華麗な満月が現れていた。よく晴れて暖かかった春の日でも、夜となればまだ寒気につつまれる。あいかわらず橋の再建設工事は続いており、夜でも工事中をしらせる赤や黄色のランプが点滅している。風もなく、音という音がすべて消滅した、静かな夜だ。

今夜はサトくんの7歳の誕生日が祝われた。夕食後、昼間マコさんとタツオ君が、サトくんの名前の書かれたプレートののった、大きな丸いチョコレートケーキを買ってきておいたのを、みんなで食べた。7本の色とりどりのロウソクがともされ、照明が落とされた中、子供の小さな胸から吐き出された一息で、それらが消された。一瞬暗闇となり、またもとの明るい部屋となった。子どもたちはその体に、あらん限りのパッションをみなぎらせてはしゃいだ。地球に来て毎回のこと、このような場面をみるのは、僕にとっても最も嬉しい瞬間だ。

016.JPG
▲ぼくの家族

幸せはどこからもやって来ない。幸せはいまそこにあるのだ。地球にあっても、宇宙にあってもそれは同じことだ。そして望むことなく、今を生きることで、あなたが見ている世界は変容してゆく。他には何も必要ない。幸せはそこに一瞬一瞬生まれる、新たなるものなのだ。あなたは決して、思い描いた幸せを手に入れることはない。なぜなら、思い描かれたものはすでに、過去のものだからである。過去とは記憶であって、どんなにそれが心地よい記憶であっても、そこへ行こうとすること自体が束縛を生む。束縛は自由、すなわち幸せの反対物だ。幸せになろうとするその行為や思いがすなわち、幸せを遠ざける。

この山里では、深夜に活動する人とておらず、静寂だけがそこにある。夜とよばれる巨大な影の中で、それはしだいに深さを増していった。

人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

地球、このせつない星 [音楽]

暖かな陽射しにつつまれた春の日、この家の人たちの心の中にも何かが芽吹いてきたように見える。今日は昼ごろから家族そろって、楽しそうに車で買い物に出かけていってしまった。誰もいなくなった庭を見つめていると、思いが過去にスライドしてゆくのはなぜだろう。

僕はみなさんから見れば、「未来」に似た場所から来ました。そこは騒がしい場所ではありませんが、沈滞した静的な世界でもありません。星自体は古く、しかしいまだ活力に満ちています。そしてあるレベルの、地球から見ればずっと高い波動域で、高エネルギーのダイナミズムの中にありながら、静寂を保っている星です。そこには大変なパワーが満ちています。悲しみであるとか、苦しみという地球的な感覚がない代わりに、つねに喜びが新たに生まれる、限りない創造の世界です。そこでは感謝と奉仕が、何の形式ばった押しつけもなく日常化していますから、地球のような未発展の世界に、志願してやってくることもまた、自然な行為であるわけです。しかし、そのために地球対応型の肉体に魂を宿すことは非常な危険も伴い、僕などはやはり少数派と言えるでしょう。

猫の体で地球にやってくるとき、さすがに泣きたいような気持になりました。不安と恐怖、寂しさというものを、この肉体を通じて体験しました。宇宙船の中で、地球の情報を全身に記憶させましたが、どんなドラマを見るより壮絶なものでした。中でも地球人の感情というものが愛憎入り乱れた形で、目まぐるしく体験されたのは衝撃的でした。そして、地球に生活してみて実感したのは、みなさんは本当に厳しい環境に住んでいる、ということです。

地球ほど、美しいものと、そうでないものが入り乱れた星は他に見たことがありません。それも今の地球だから、よけいに光と影、愛と憎悪とが際立って対比されるのです。みなさんの中で、希望が絶望の中に閉じ込められているのが見えます。そのやるせなさを見るや、故郷の星の自由自在さとの甚だしい違いに、悲しい、というか寂しいというのか、妙な感情が起こってきます。こんな辛い世界の中で、地球人がやわらかでピュアな魂を内部に抱えながら、懸命に生きている。子どもたちは可愛らしく、あどけない。たぶんこれは、「せつない」という感情に近いかも知れません。あるいは、僕たちの遠い過去の姿を地球に投影して、少し懐かしんでいるのかもしれません。




人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

それは創造のプロセスです。 [絵画作品紹介]

前回、このブログのもつ特殊性についてお話すると言いましたが、先ほど故郷の友人ロザリオと話し合い、今夜そのことをアップすることになりました。

このブログを冒頭から読み続けている人はそろそろ気づいていますが、これは通常の意味でのブログでもなければ、日記でもありません。趣味の発表の場でもなければ、商売でもありません。

「宇宙猫ピーチの地球滞在記」というコミカルな名前が付いていますが、内容はコミカルではないことがお分かりでしょう。紹介されている絵画作品や、音楽にはかなり重要な意味がありますが、それは読み取らなければ作用しません。書かれている文章は、僕として真実を語っているつもりですが、単にそれだけなら、風変りな宇宙人のたわごとでしかないでしょう。

重要な点はそれらの行間に隠されています。このブログを読めば読むほど、行間に埋め込まれたコードが作動し、あなたの細胞の眠った部分を覚醒させ、隠された真実が内側から現れてきます。身のまわりに今まで起こらなかったような出来事が起こるようになります。その出来事を通じて、あなたはさらに学ぶのです。

ですから、どうぞ僕の書く言葉にあまり気を取られすぎず、行間を読んでください。そうかと言って、行と行の間の空白を見つめないでくださいね。目が悪くなります(笑)。行間を読むという意味は、リラックスして、ただ文章を読むことに静かに集中することで、おのずと浮かびあがってくるイメージに気づく、ということです。それは新たな創造のプロセスであり、あなた自身を生まれ変わらせる力を持っています。少しずつ、あなたは高次元の自分に目覚めてゆきます。そして一秒一秒が、とてつもなく新鮮で、驚きと感動に満ちた毎日をおくれるようになります。地球における、根本的な意味での自在性を手に入れることができるようになり、仏教で「観音」をあらわす、「観自在」というレベルにおける徳性があなたに備わって行くのです。

このレベルに達すると、あなたは大きな喜びを実感できるようになります。そして「必要なものが、必要な時にすべて与えられる」という、絶大な援助が得られますが、その一方で大きな責任を負うことになります。なぜなら、このレベルに達していないすべての人類を、今度はあなたが導かなければならなくなるからです。またそうせざるを得ないほどに充分な愛情、慈悲の心でいっぱいになってしまうのです。

013.JPG
▲無題

はじめ僕がブログを書くと言った時、ずいぶん地味な宇宙人だと大笑いしたタツオ君も、読み続けるうちに、なぜブログなのか、ということの理由がわかってきたようです。
彼はすでに行間を読んでいます。

通常のブログと違って、アクセス数はさほど問題ではありません。
読んでくれる人は少数で良いのです。このブログを読む人は、僕たちともともと血縁関係にある人なのです。彼らが覚醒すれば、今度は彼らのまわりの、敏感で成熟した魂の持主たちを覚醒させることになります。そしてその魂たちが、いかなる行動をとろうとも、創造的に働き、新たな血縁者を覚醒させます。そして少しずつ、地球の波動が上がってゆきます。地球上のいたるところで、このような活動をしている仲間がいます。臨界点はもうすぐそこまで来ているのです。ですから僕はもう、余裕綽々としてキーボードをたたいているのです。僕の目には、みなさんが僕のそばへやってくる日のことがはっきりと見えています。その日、陽だまりのなかで、人々は愛を分かち合っています。もうすぐ、あなたにもその光景が見えるでしょう。その日に向けて、短い言葉を贈ります。


かつてあり、今ここにあり、これから永劫にあるもの
アルファであり、オメガであるもの
増えもせず、減りもせず、傷つくことさえ知らない、
年月を経るほどに、若々しく輝くもの
沢山あるように見えて
実は一つであるもの
魂よ、栄光あれ。

人気ブログランキングへ


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

僕たちの仕事 [音楽]

雪が降り、風が吹く。雨となり、陽が照る。
この地方の春の天気は、目まぐるしいほどに変わってゆく…

僕がタツオ君の家にステイするために地球へやってきた日、着陸した宇宙船を最初に発見したのはこの家の娘のサキちゃんだった。その経緯はこのブログの冒頭で語ったかと思う。今日はその日のことをもう少し詳しく書こうと思う。

あの日、タツオ君は僕の到着を知っていたかのように、何の抵抗もなく宇宙船から出てきた僕を迎え入れてくれた。驚きをかくせない子どもたちや、奥さんのマコさんをひとまず外させ、僕を彼のアトリエである、「宇宙科学研究所」へつれて行った。

「何度も僕にコンタクトしてきたのは君か。」
作業机の前の椅子に腰かけると、そうタツオ君が聞いてきた。
「そうだよ。そしてはじめに僕を呼んだのは君のほうだ。」
そのことをタツオ君自身知っているのを分かっていながら、社交辞令のように僕は返した。
「…で?地球で何をするつもり?」
「地球を次の次元に上昇させる。」
「何のために?」
「何のためでもない。その時期が来たというだけのことだ。しいて言えばそれが宇宙全体の利益になる。地球人のくりかえしている今の茶番劇は、そろそろ終わらないといけない。さもなくば崩壊だ。アカシックレコードではすでに地球人類は滅亡している。」
「アカシックレコード、宇宙の現在・過去・未来のすべてが記述されている本ってとこか。」
「そうだ。君も無意識だが時々そこから情報を得ているはずだ。そして僕たちはアカシックレコードが書き換えられるところを何度も見てきた。」
「君ひとりでレコードを書き換えるほどの偉業を成し遂げようというのか?」
「一人ではない。地球にはすでに僕たちの仲間が何千人も来ている。世界中でこのような個人レベルからはじめて、やがて地球意識を大きく変革してゆくための、いわば種をまいているんだ。この家を僕の仕事の拠点にさせてほしい。」
「うちに住むのはかまわない。君はどこからみても猫にしか見えないし。」
そう言って、タツオ君はタバコに火をつけて、足を組んだ。そして、ため息をつくように煙を吐き出しながら言った。
「しかし、こんな片田舎じゃなくて、東京か、でなけりゃニューヨークのTV局でも占領したほうがはやくないか?」
またも、タツオ君が冗談を言っているのを、わかっていながら僕は答えた。
「そんなことをしたら世界中から軍隊が押し寄せてきてしまうだろうな。そんなことは出来ないから、こうして頼んでいる。ここから地球のいろんなところへ出張することもあるし、君自身に対して特別の処置を行うこともある。だがひとまず、このアトリエの隅でインターネットを利用させてくれないか?」
「いいとも。情報収集か?」
「いや、ブログを書くんだ。」
「地味だなあ!」
そう、タツオ君は爆笑しながら言った。
「まあいいや。宇宙人と暮らすのもわるくない。好きにしていい。さあ、まずは家のかみさんの手料理でも食って、長旅の疲れを癒してくれ。母屋へ戻ろう。」

こうして僕はタツオ君の家にやっかいになることになった。タツオ君は僕がブログを書くと言ったことに大笑いしていたけれど、このブログがどんなものなのか、このとき説明はしなかった。



このブログの特殊性については、またの機会に皆さんにもお話したいと思います。

人気ブログランキングへ




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。