So-net無料ブログ作成
検索選択

暗黒の二年間 15 [音楽]

2009年8月───。
それからの僕たちは、一体化したのちに支障が出ぬよう入念に準備を進めていった。タツオ君は生活のリズムを守り、体調を整える一方で、僕とロザリオからの要請によって、会社を辞める段取りを考えていた。僕は僕で、抜け殻になった後の身体をどう処分してもらうか、またマコさんや子供たちを悲しませないようにするには、どうするのが一番よいのか、整理しながら考えた。




そして山里ではツクツクボウシが鳴きはじめ、秋の蝉と言われるのもうなずけるように、子供たちの夏休みも残り二週間となったころ、タツオ君はやたらと落ち着きがなくなっていた。
「どうした、タツオ君、何か妙にせかせかしているようだが?」
僕は僕の額の裏のスクリーンに映る、彼の心の中をあえて覗き見ようとはせず、そう尋ねてみた。
「いや、仕事が忙しくてな、9月いっぱいで退職することにしようと思うが、その前に引き継ぎの書類を前もって用意しておこうと思ってな。それで夜も遅いんだが…」
「会社にはもう申請したのか?」
「ああ、退職希望は直属の上司には言ってある」
「ではあとは辞表を出すだけだな」
「引きとめられているんだ…、だが来月早々ウォークインを実行するなら、お前の意識が浮上してくるよりずっと前に辞めておいた方がいいだろ。いくらお前でも俺の仕事は引き継げまい?」
「君の指示に従えば出来ないこともないが、苦労するね。地球の会社組織は、地球人の恐怖心が作り上げた煉獄だからねえ。僕とは縁遠いにもほどがあるという感じかな。」
「だよな」タツオ君はそう言って、僕に向かって欧米人がよくやる「お手上げさ」のポーズをしてみせた。
「だが、真意はそこにはないように見えるな」
「人の心をのぞくのはよせといっただろ」
「いや?あくまでも地球人レベルで観察しているだけだよ。それに完全に一体化してしまえば、お互いに隠し事なんてできないんだよ…」
「ああ、そうだろうね」タツオ君は不機嫌そうにそう言った。
「まあ、いいさ。話す気になったらいつでも相談してくれ」
僕はそう言って、決してタツオ君の心中を見たりすることはしなかった。なぜなら、こんな普通じみたやりとりさえ、もうじき出来なくなってしまうのだから…。


nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

暗黒の二年間 14 [音楽]

さて、実際にはタツオ君はウォークインという行為について、仔細に及ぶさまざまなことを、根掘り葉掘り聞いてきたのであったが、その多くは瑣末であり、この話の本筋に影響がないため、省略する。

すでに陽光は高くなり、蝉の声は次第に多重奏のように、この山里を被いつくしていった。
その日の午後になってから、僕ら二人はタツオ君の家の裏手にあるお寺や神社などを経由して、隣の集落まで歩き続けた。長い、長い散歩だった。あてなどない。ただ、話し合わなければならないさらに重要な問題があって、それはまるで出口のない迷路のように、正解を求めて、無駄な試行錯誤だけをくりかえしていたからだ…。



「マコさんや子供たちにせよ、君の叔父さんにせよ、君を失うということに賛成する人などいるはずもない」
そう結論したのは僕だった。
僕らは結局、ウォークインを決行するにあたり、地球人の立会人をつけることをやめにした。合一後のタツオ君の人格は、僕の背後にかくれ、傍からは急に人が変わったように見えるであろう。だが、そのようなことは地球人たちが日頃目にしている日常の中でも、たまにはあることなのだ。シナリオは至ってシンプルだ。一匹の黒猫が消える。そして飼い主の人格が一変する…。僕らは結局そこで合意した。だれも、何も知る必要はない。なぜなら知るということは、彼らにとって、「愛する人はもういないのだ」という認識を無理やり押し付けられるということなのだから。

隣集落も果てようとするころ、僕らは河原に下りてすわり、しばらく緑色にせせらぐ急流を眺めていた。
やがて太陽が水面にオレンジ色の光を投げかけるようになると、タツオ君が「帰ろう」と言った。
来た道すがらと異なり、帰りは何も話すことがなかった。
ただ二人とも、夏の西陽を目を細めて見つめながら、まるでそこに行き着くのが目的であるかのように、
いつまでも歩き続けたのだった。


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

暗黒の二年間 13 [音楽]

「僕が君の身体をコントロールするようになると、僕の見聞きしたことや、感じたこと、全てが、そのまま君自身にも、まるで自分が体験していることのように感じられるんだ」
タツオ君は目を丸くした。



「それじゃあまるで、今と何も変わらないじゃないか!」
僕は再び首を横に振った。
「ところが、君自身は一切肉体をコントロールすることが出来なくなる」
「つまり…」
「例えばテレビを見ていて、君はその内容がおかしかったので、本来ならば笑うとしよう。ところがウォークイン後は、コントロールの権利者であるこの僕が笑わなかったら、肉体の方も笑わない。君が食べたい時に、僕は食べない。君が眠りたい時に、僕は眠らない…など、全てがそうなるのだ」
「なんだかストレスがたまりそうな話だな」
「ところがそうではないんだな。ウォークインが成功した時点ですでに君の感情体は、全て肉体にある接続部分、つまりチャクラの位置から切り離されている。このことが身体をコントロールすることを不可能にすると同時に、君が感じた不快感を肉体の方に伝達する機能をも失わせる。すなわちストレスとは精神が負った傷の痛みが、肉体に蓄積された状態をいうのだ」
「やはり傍観者だな」
「しかし通信可能な例外というものがある」
「それは何だ?」
「僕だよ。君は僕を通じて物事を見聞きするほかに、僕自身とだけは会話を行うことが出来る」
「同じものを見聞きしているのにそんな必要があるか」
「あるね。とくに僕の方は、君という個体固有の記憶や習慣から判断し、行動する必要にせまられる場合が沢山あるだろうから。」
「なるほど。わかった」
「それに、君にも、僕に頼みたいことなどがでてくるかも知れないしね」
タツオ君が身体を残して、タツオ君の本質的な部分を全ての現実(それは、彼の家族や友人までも含む───)の前から消滅させてしまう、という事実が、ようやく彼自身の中でも一つの概念として理解されはじめていた。



nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

暗黒の二年間 12 [音楽]

「上出来ってなあ。人をお前の作品みたいに言うなよな」とタツオ君がむくれた。
「ああ、すまない。癖なのだ。君なら分かっている筈だ」
「わかっていても地球人には礼をもって接しろ」
「はいはい、普通の地球人にならそうするから」
普通の───、そう言ってなんだか、僕は切なくなってしまった。

僕らに似た素質と能力を、幾多の転生を経て、自ら作り上げてしまったひとりの地球人存在。結局それが災いしてこんなことになっているのだ。本当はこんな日が永遠に来ないことを願っていた。だが、この日のために僕はチームから送り出されてきたのだ。そして…かくも進化を遂げた地球人存在が、彼一人の力で生きてゆくのはもはや危険なのだ…。そう自分に言い聞かせて見るが、甲斐もなく、進化がなぜそんなにも大事なのか?という本末転倒な、感情的疑問すら沸き起こってくる。

でも結局だれでも人は、いつかは十字架にかけられる日がやってくるのだ…。



「しかし、失敗したりするのはまあ論外としても、お前がちゃんとおれの身体に入ってこれた場合…その時おれはどうなるんだ?」
「うん。最重要ポイントだよね───。普通ウォークインと言うと、瀕死の人間などに合意、または非合意で、その身体に浸透し、地球人のもつ三重体の中でも、われわれと同種の微細なエネルギー体に存在する、いくつかのセンター同士を接続してしまうのだ。たしか地球人の一部では、チャクラとか言っているだろう。それがそのセンターだ。それでウォークイン存在による肉体のコントロールが可能になる」
「コントロールということは、こちらに選択権はないのだな」
「その通り。それがウォークインの特徴だ」
「おれに意識は残るのか?」
「残るとも。鮮明にね」
「ということはおれに、傍観者になれといっているわけだよな」
「極論すればそういうことだ」
「それって随分と退屈なんじゃないのか?または、はがゆいとか…」

僕は予想された質問に対し、首を横に振った。


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

暗黒の二年間 11 [音楽]

「おれはどうなってしまうのかな?」
さっきから気になっていたのであろうことを、さも申し訳ないようにタツオ君が聞いてきた。申し訳ないのはこっちのほうだというのに…。
タツオ君は作業机の上に置いた水色の煙草の箱に手を伸ばし、僕の答えを待つようにその一本に火をつけた。



「そうだね、今までにウオークインについて詳しく話してやったこともなかったね」と僕は言った。
「昔見た『ツインピークス』のクーパー捜査官みたいになるんじゃあるまいな」
「まさか…ただウオークインに失敗した場合には、もっとひどいことにもなりかねないんだ」
そう言うと、タツオ君はこういうときよく見せる、彼独自の冷笑的な表情を浮かべて言った。
「どんな…?」
「ケースはいろいろだが、その時は僕も君も無事ではいられないだろう」
「やっぱりね。お前がここまで引っ張って、やっとのことで切り出したことだからな。こっちも安全が保障されていると思って聞いているわけじゃないさ」
「上出来だ」

やはりタツオ君は肝がすわっている。線が細くて、無口で、人見知り、繊細な容姿とはまったく逆の内面的強さのようなものが、こんなときにも現われるのだ。やはりタツオ君は正真正銘、僕とロザリオが見込んだ特別な地球人なのだ。

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

暗黒の二年間 10 [音楽]

「はじめから、ウォークインが目的で僕に近づいたんだろう?」
タツオ君は僕の方は見ずに、反対の窓の外を向いてそう聞いてきた。
「その通りだ」
僕はためらうことなくそう答えた。もうここまで来てはどう取り繕おうと無駄なのが分かっていた。
「いけしゃあしゃあというもんだな」
「すまない…。君は僕の目的がウォークインだということを、いつから知っていたんだ?」
「知っていたわけじゃないさ。でもこの狭いアトリエでブログなんぞ書くために、わざわざこんな星に来るはずはないってことくらい、猿でもわかってたろうさ…、ブログなんかで世界が変えられようはずもない」
「………」僕はだまっていた。



実をいうとこのブログは、ウォークイン後において一度にその重要性が高まることになっているのだが、この時はそれを指摘している時ではなかった。

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

暗黒の二年間 9 [音楽]

さて、読者のみなさん。今日は2011年7月19日。
久しぶりに良く雨が降る、涼しい日になりました。
サキちゃんやサトくんも、今日はもう帰って来ました。
もうすぐ夏休みですね───。



僕はこのブログの管理者として、この回想編「暗黒の二年間」のお話の途中で、これまでの経緯を少し、整理する必要があるようです。二年間の無更新にもかかわらず、以前にもまして増えた、真剣な、少なくとも「なんだこのブログは?」と違和感と関心を持っていただけている読者諸氏に対し、感謝の意を表明したいことと、さらなる新しい読書体験を提供するためのガイドとして…。

ありがたいことに、かつてもわざわざブログ冒頭までさかのぼって、古い記事にコメントを書き込んでくれた女性読者がおられました。そして僕の幽閉されていた期間のはじまりである、2009年の夏のあのときがやってくる直前まで、ストーリーを楽しみ、登場人物に心を重ねておられたのです。暗闇の中で僕は、そういった読者の方に対し、予期しえぬ理由からとはいえ、一頓挫を余儀なくされた自分を、あるときは責め、しかしもうどうしようもない、というあきらめに、消極的に身を委ねていました…。

話をもどしましょう。

〈2009年夏までのあらすじと、ポイント

かつて僕の地球での最初の日、僕は埼玉県のとある田舎町住む、平凡なサラリーマンである、「タツオ君」の家の庭に、彼を訪問すべく着陸しました。彼は僕が来ることを知っていました。なぜなら彼は生まれつきのコンタクティであり、それまでに何度も、僕の存在をとらえ、メッセージを送ってきていたからです。彼の家族は、彼に良く似たもの静かな奥さんである「マコさん」、二人の子供たち(いまはだいぶ大きくなっています)、「サキちゃん」と「サトくん」らでありました。彼らは宇宙から降ってきた猫型宇宙人に何の偏見も持たずに、僕と宇宙船とをかくまってくれたのです。

また、彼は芸術家でもありました。このブログ内でも彼の絵画作品や、詩が登場しています。天性のコンタクティーであり、アーティストでもあるタツオ君は、家族のためサラリーマン生活を余儀なくされてきましたが、その苦悩はアクセスの多かった「タツオ君の病気」というパートなどで語られているように、かなり深刻でした。
僕は彼に、影のように寄り添いながら、その日、その日の出来事に関連して、このブログ内で高次元の宇宙哲学を語って来ました。中には僕の故郷の仲間、「ロザリオ」という存在が、肉体を持たずに現われたりします。そんな中でタツオ君はより意識を進化させてきました。その進化のために、僕がタツオ君に特殊な処置を施す、という場面もありました。しかしその進化がなんのために必要なのか、ということが詳しく語られることはありませんでした───。

いかがでしょうか。この物語を読み解くのに少しは参考になると思うのですが…。前回の続き、つまり「ピーチはタツオ君にウォークインするのだろうか?」という疑問の答えを待っていらっしゃった方にはごめんなさい。次回からは回想編「暗黒の二年間」の本筋にもどります。

nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

暗黒の二年間 8 [音楽]

しかしやはり、躊躇する気持ちが残る。
僕は話し出さないまま、ただ窓から差し込む朝日を見つめながら目を細めていた。
するとタツオ君が、わざとらしいほど大きなため息をひとつついてから言った。
「ずいぶんと長い前置きだったじゃないか…」
僕はギクリとした。僕の心を読んでいる。この人はもうそういうレベルに達していたのだ。
今話してしまわなければ、次のチャンスはいつになるか分かったものじゃない。
僕はついに踏み込んだ。



「タツオ君───。君の身体を、僕にくれ…」
そして、しばしの沈黙が流れた。
「イエス、サー」
冗談めかした言い回しとは正反対に、タツオ君の表情からは一切の輝きが失われており、
研究所の床の、それこそ何もない一点を、ひたすら凝視しているのだ。
「君に、ウォークインする」
「アイ、アイ、サー」
指の先から頭の天辺、はては視線までも微動だにせぬまま、タツオ君は答える。
その顔がひどく青ざめて見えるのも、気のせいなんかである筈がない。
「タツオ君…もう君が君としては生きられなくなるということなんだぞ。そればかりか、マコさんや、サキちゃんや、サトくんの前からも、君という人格は消え去ってしまうんだぞ。それでもいいと君は言っているのか!」
僕は泣き出してしまった。地球に来て以来、泣いたのはこの時がはじめてだった。
「いいんだ、ピーチ。おれはそれでいい。おれに出来ないことを、代わりに君がやってくれるというなら…。2012年までにやらなければならないことが、それで達成されるなら…おれはそれでいい」
タツオ君は失敗作のような笑顔を作って見せた。
僕はまるで子供のようにしゃくり上げ、もう何一つとしてまともな発音では、ものを言えなくなっていた。
それから二人ともだまりこくって、お互いに気持の整理がつくまでには、とても長い時間が経過したような気がする。

日光は次第にその強さを増し、あぶら蝉が鳴きはじめ、僕ら二人の身体にも汗が滲み始めていた。





nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

暗黒の二年間 7 [音楽]

マコさんに怒られた時にいつも感じる、妙な恥ずかしさをぬぐい去るべく、僕はあからさまな咳払いをしてから会話を再開させた。



「まあ、ともかく猫の形態が都合が良かったこと、人間の形にはなれなかった、ということだな。およそヒューマノイドたちというのは、僕たちとは比べようもないくらいの偉大な仕事をしている存在が多いのだ。それは彼らが素性を伏せながら地球人として生活し、地球人として世界に影響を及ぼすことが出来るからだ。しかも能力は地球人のそれをはるかに上回っている。その影響たるや絶大なものだ。科学的発明や生物学的発見、新しい理論の構築などがそれだが、彼らは自らのコモンセンスのレベルでもって、鼻歌交じりにそれを行っているに過ぎないのだからね」
「お前だって東大の博士かなんかのところで飼ってもらったほうが良かったんじゃないのか?『ハカセ、ハカセ、スゴイアイデアヲオモイツキマシタヨ、コレデノーベルショウハマチガイナシデス』なんて言っちゃてな」
僕は首を横に振った。
「そう来ると思ったよ。だが僕らが一旦この重たい肉体を脱ぎ棄ててしまうと、どういう状態になるかは知っているだろう。君もロザリオに会っているんだから。」
タツオ君は頷いた。
エイリアンそれぞれに役割が違うんだよ、タツオ君。人間の精神の深い部分、深層意識と言い変えてもいいが───それに革命を起こせるのは僕らのような、高次元存在だけなんだ。そして…」

僕は少し言葉に詰まった。ついにあの事に言及するときが来たからだ。




nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

暗黒の二年間 6 [音楽]

さて、前回からのタツオ君と僕との会話は、まだ中盤にも差しかかっていない───。



「我々の種族は地球で仕事をするときに、通常肉体をまとって地球へやってくることはない。ロザリオもまたしかりだ。だが特定の目的の場合にのみ、人工的に合成されたさまざまなタイプの肉体を選び、地球の重力場や大気に耐えられるようにして、やってくるわけだな。」とこれは僕の説明。
「例えば、理屈屋で偏屈で巌窟な、薄汚い黒い猫の肉体とかね」
とこの嫌味なのはもちろんタツオ君だ。
「薄汚いは余計だ。しかも『巌窟な』、などという言い回しはもはや日本語ではない。」
「そういやお前、『巌窟ホテル』行ったことある?ここから近いぜ」
「話をそらすな」
「はは。で?肉体がどうした?」
「我々とは全く別の形態であるヒューマノイドたちは、そのまま人間にまぎれて生活することもできるが、僕らは君のように『寛大な』人間にかくまってもらう以外にないわけだ。」わざと『寛大な』を大声で言ってやった。
「それはどうも。でもなんで猫なんだ?しかもわざわざさ?」
「それは地球人の肉体が複雑かつ精密にすぎるため、一から合成するということが出来ないんだな」
「ああ、なんとなくわかるな。でもなぜ猫かという質問に答えてないな。前から聞こう、聞こうとは思ってたんだ」
「それは猫が地球人にとって一番ポピュラーなペットだからさ。しかもたいていの場合犬より小さく、身を隠しやすい」
「ハイッ、そして車に轢かれやすい、ってな」
「轢かれてないわっ!」

「ピーチ何怒鳴ってるの?朝からお隣さんに迷惑だよ、もう」
マコさんが研究所のドアを開けて、眉をひそめて言った。僕とタツオ君は例によってピタリとだまってしまった。この家で一番強くて無敵なのはマコさんなのだ。

そして研究所のドアが、いささか強めにバタン!と音を立てて再び閉められた。
僕らは顔を見合わせた。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。