So-net無料ブログ作成

ウォークイン、宇宙の悪魔存在、ツインピークス [映画]

エイリアンの中には、僕らのような、人類を暗闇から救済する手助けをするために地球と関わる存在もいれば、それとは逆に暗闇の世界へと引きずり込もうとする存在もいる。

通常は地球の人間というのはほおっておくと、どうしても物質的、肉体的とらわれにはまり込み、動物的存在へと退化してゆく傾向にある。直面する恐怖に打ち勝つことができなかったり、光の存在を忘れてしまい、怠惰や闘争、自己閉鎖へと落ち込んでゆく。しかしこれは本来そうなのではなくて、ある種の悪魔的存在がいたるところで働いているからなのだ。彼らもまた、地雷のようにさまざまなところに、つまづきの石を仕掛けている。僕らとは真逆の活動をしているのだ。そしてたいていの人がこの罠にかかってもがきながら生きている。しかしこれは、日常的不幸であり、現代人のスタンダードな性格を形成する要素ともなっており、深刻ではあるが、見慣れた悪の顕現だ。

もっと強力なのは、地球人の肉体に憑依(ウオークイン)し、悪の権化と化す場合だ。その力が強ければ強いほど、一見して悪とは見えず、むしろ救済者のように見えるため、多くの信奉者を集め、その者たちの信頼を完全に勝ち取るが、その段階で、二度と這いあがれないどん底へと突き落とす。来るべき地球人の進化の最終段階では、まるでゲームのボスキャラのように強大な悪魔が現われて、最後の大混乱に陥れると言われている。地球人の歴代の覚醒者のひとり、ルドルフ・シュタイナーという人は、この悪魔存在を「太陽悪魔」であるとしている。


いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか (ちくま学芸文庫)

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか (ちくま学芸文庫)

  • 作者: ルドルフ シュタイナー
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2001/10
  • メディア: 文庫



こういった憑依現象を美しくもせつない映像美で表現した物語が、古き良き時代にあった。
デヴィッド・リンチの「ツインピークス」だ。良いカットを集めて作った編集動画があったので載せておこう。



携帯電話もない時代のアメリカ北部の田舎町を舞台にした物語だが、逆に若い人たちにもっと見てもらいたいと思う。海外ドラマはそのストーリー展開の面白さで人気が高いものの、いまだにこのツインピークスの持つ、高い音楽性と映像美を超えるものは出ていないからだ。


ツイン・ピークス  ゴールド・ボックス【10枚組】【初回限定生産】 [DVD]

ツイン・ピークス ゴールド・ボックス【10枚組】【初回限定生産】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間 [DVD]

ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD


人気ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。